カードダスダイレクトEXは大人向けのサービスにするべきだった

カードダスダイレクトEXは、2016年8月15日に商品の販売を終了したという。2015年9月18日に「ナイトガンダム カードダスクエスト 第1弾 ラクロアの勇者」が発売されたので、一年もたなかったサービスということとなる。

どんなものだったかというと、WEBに設置されたカードダス自販機で購入でき、郵送もしてくれるものだった。とてもいいサービスに思えるのだが、カードダスダイレクトEXは価格帯を間違えたために、閉鎖せざるおえなくなったのではないだろうか。カード自体単価が安いのに900円以上の購入で送料が無料なのも、設定が低すぎではないかな?朧げな記憶だけどamazonだって、以前は1500円以上は送料無料じゃなかったっけ?

ナイトガンダムは知名度もあり、カードダスの新サービスとして最良の選択だったのかも知れないが、当時なけなしの小遣いで買ったカードは1枚20円、復刻されたものは1枚あたり70円程、価格は3倍くらい膨らんでしまっているために、高いと思わせてしまったのではないだろうか。
購入したカードを使ってWEB上でゲームもプレイすることができるという、当時にはなかったサービスがついているので、これを当時のカードとの比較ではなく、ソシャゲと比較していたら、1枚あたり200円でも安いと思われたであろう。

もうちょっと金にうるさい人材が参加していれば、このサービスも維持できたのではないかなあ。大成功しているポケモンGOも、ナイアンティックだけだったら、同じ道を辿ってた可能性がある。金儲けは悪のイメージが未だに根強いんだろうけれど、サービスが終わっちゃうほうがよくないんじゃないのかなあ。

1枚500円くらいにして、アイマスとかでやればよかったんじゃないかね。

効果音はおもしろい

バラエティの笑い声、主人公が閃いたとき、屋根を飛び移る音、地面が揺らぐ音。映像や舞台では普通に使われている効果も、日常生活では使われることがない。スポーツとかで行われたらすごく面白いと思うのだが―。個人的にARの一つとして注目しております。

そんながありまして、足音がゲームの音だったり、踏ん張ったら気がたまったりとか、音を出したいなーと思って探してみたおはなし。

【Mega Stomp Panic】

一番理想に近いのだけど、見た目が地味でいかついものに対して5000円くらいするのは高すぎるなあと。2012年のものなのでもう手に入らなそう。面白そうではあるんだけどなあ。

【足音で遊べるウェアラブルデバイス「FUMM(フーム)」】

靴からの入力でスマホから出力されるようだ。
auとニューバランスのデバイスなんだけど、子供向けというあたりがわかってない。金を出すのは大人なので大人も楽しめないといけないわけで、一体型ではなく後付で靴に仕込んで携帯と連動させて走るとイヤホンから加速音くらいのネタアプリでいいんだけどと思う。子供をダシにこんなこともできるんですぜ?親方?くらいのアイディアが欲しい。

【腕につけるウェアラブルデバイス「Moff Band」】

腕時計型で、アクションに対して音が出る。剣を振るってチャンバラしたりできるらしい。国内のベンチャーなので多少安心感はある。足音が理想だったんだけど、まずこれで試してみるのもいいなーと思っている。これもおもちゃにしては、少し高いのが悩みどころ。この機能で妥当なのは1980円くらいだよなあ。それで不足分は、アプリで課金にすればいいのになあ。デバイスばらまけないと、うまくいかないと思うんだけど…。

最後にシンプルにボタンを押すと音が出るアプリ、サンプラーのアプリがないものかと探す。
SimpleSampler
https://itunes.apple.com/jp/app/simplesampler/id994919833
適当な素材を(mp3であればmp3DirectCutなどで)切り出して、ffmpegでcafファイルに変換。cafファイルをiTunesからiPhoneへと取り込んで使う。iPhoneで録音した音でも使える。ピンポーンとか、ブッブーとか、残念チャンチャンとか。最低限の機能なので、操作がわかりやすくて好感が持てる。

やはり音を入れられるというのは、物凄い拡張性があるので、Moffが対応してくれれば買う気も増すのだがー。いつか何かしら購入したりなんかしたら報告したいデス。