代々木にあったスクウェアのショップに行った思い出

かなり昔なんだけど。中学生の頃に友達3人くらい(はっきりと誰かは覚えてない)で、当時流行っていたファミコンソフト「ファイナルファンタジー」のショップがあるということを聞きつけて、代々木まで行ったんだ。その頃はネットもスマホもあるわけでもなく、よく行けたもんだと感心する。一緒に行った友達が利口だったのだろう。

そのとき俺は埼玉の所沢に住んでいたので、西武線で池袋駅まで出て、山の手に乗り換え、代々木駅まで行ったのだと思われる。所要時間1時間ちょっとくらいか。中学生が友達だけで電車を乗り継ぎ、そんなところまで行くのは冒険だった。(同じくらいの冒険は原宿の古着屋とか芸能人ショップとかそういう感覚)。どんなビルだったかとかは全然覚えてないんだが、そこでファイナルファンタジーIIのマグカップを買って帰ったなあ。今もまだ実家にあるかもしれない。残るものは記憶にも残りやすいな。

購入後に、そのビルだったか、違うビルなのかも覚えていないが、テーブル筐体のゴールデンアックスを友達とプレイした。その頃流行っていた二人でやる横スクロールアクションだ。同様のゲームは他にファイナルファイトやダブルドラゴン、天地を喰らうとかあったと思う。レバーと、攻撃、ジャンプ、魔法の3つのボタンで操作するシンプルなもの。キャラクターは海パンで筋骨隆々の男とグラマラスな水着の女、そしてじじい。

友達は海パン男、女は劇画で美しくなかったので、俺はドワーフのじじいに決めた。この系統のゲームは、敵だろうと味方だろうと当たり判定があるため、左右に分かれて戦うのがセオリーだ。前線で戦う海パン男を後目に、俺の操作するじじいはゴロゴロ転がる技(攻撃とジャンプ同時押し)が楽しくてそれを連打していた。敵のいない移動中もゲラゲラ笑いながらゴロゴロして、引っかかり気味でスクロールしていく。そのとき、追いついたゴロゴロで海パンが吹っ飛んだ。ゲーム開始数十秒、谷間のジャンプに躊躇う海パンは、谷底へ落ちていった。俺はゴロゴロで突き落としたのがツボにハマって、ゲームどころではなくなっていた。

意図しない死がこんなに面白いのは、ゲーム特有の素晴らしい点ではないだろうか。マリオの2人プレイも面白ぇもんなぁ。そもそも残機ってなんなんだよな。命が軽すぎだろ。

そんな古の思い出。

カードダスダイレクトEXは大人向けのサービスにするべきだった

カードダスダイレクトEXは、2016年8月15日に商品の販売を終了したという。2015年9月18日に「ナイトガンダム カードダスクエスト 第1弾 ラクロアの勇者」が発売されたので、一年もたなかったサービスということとなる。

どんなものだったかというと、WEBに設置されたカードダス自販機で購入でき、郵送もしてくれるものだった。とてもいいサービスに思えるのだが、カードダスダイレクトEXは価格帯を間違えたために、閉鎖せざるおえなくなったのではないだろうか。カード自体単価が安いのに900円以上の購入で送料が無料なのも、設定が低すぎではないかな?朧げな記憶だけどamazonだって、以前は1500円以上は送料無料じゃなかったっけ?

ナイトガンダムは知名度もあり、カードダスの新サービスとして最良の選択だったのかも知れないが、当時なけなしの小遣いで買ったカードは1枚20円、復刻されたものは1枚あたり70円程、価格は3倍くらい膨らんでしまっているために、高いと思わせてしまったのではないだろうか。
購入したカードを使ってWEB上でゲームもプレイすることができるという、当時にはなかったサービスがついているので、これを当時のカードとの比較ではなく、ソシャゲと比較していたら、1枚あたり200円でも安いと思われたであろう。

もうちょっと金にうるさい人材が参加していれば、このサービスも維持できたのではないかなあ。大成功しているポケモンGOも、ナイアンティックだけだったら、同じ道を辿ってた可能性がある。金儲けは悪のイメージが未だに根強いんだろうけれど、サービスが終わっちゃうほうがよくないんじゃないのかなあ。

1枚500円くらいにして、アイマスとかでやればよかったんじゃないかね。

効果音はおもしろい

バラエティの笑い声、主人公が閃いたとき、屋根を飛び移る音、地面が揺らぐ音。映像や舞台では普通に使われている効果も、日常生活では使われることがない。スポーツとかで行われたらすごく面白いと思うのだが―。個人的にARの一つとして注目しております。

そんながありまして、足音がゲームの音だったり、踏ん張ったら気がたまったりとか、音を出したいなーと思って探してみたおはなし。

【Mega Stomp Panic】

一番理想に近いのだけど、見た目が地味でいかついものに対して5000円くらいするのは高すぎるなあと。2012年のものなのでもう手に入らなそう。面白そうではあるんだけどなあ。

【足音で遊べるウェアラブルデバイス「FUMM(フーム)」】

靴からの入力でスマホから出力されるようだ。
auとニューバランスのデバイスなんだけど、子供向けというあたりがわかってない。金を出すのは大人なので大人も楽しめないといけないわけで、一体型ではなく後付で靴に仕込んで携帯と連動させて走るとイヤホンから加速音くらいのネタアプリでいいんだけどと思う。子供をダシにこんなこともできるんですぜ?親方?くらいのアイディアが欲しい。

【腕につけるウェアラブルデバイス「Moff Band」】

腕時計型で、アクションに対して音が出る。剣を振るってチャンバラしたりできるらしい。国内のベンチャーなので多少安心感はある。足音が理想だったんだけど、まずこれで試してみるのもいいなーと思っている。これもおもちゃにしては、少し高いのが悩みどころ。この機能で妥当なのは1980円くらいだよなあ。それで不足分は、アプリで課金にすればいいのになあ。デバイスばらまけないと、うまくいかないと思うんだけど…。

最後にシンプルにボタンを押すと音が出るアプリ、サンプラーのアプリがないものかと探す。
SimpleSampler
https://itunes.apple.com/jp/app/simplesampler/id994919833
適当な素材を(mp3であればmp3DirectCutなどで)切り出して、ffmpegでcafファイルに変換。cafファイルをiTunesからiPhoneへと取り込んで使う。iPhoneで録音した音でも使える。ピンポーンとか、ブッブーとか、残念チャンチャンとか。最低限の機能なので、操作がわかりやすくて好感が持てる。

やはり音を入れられるというのは、物凄い拡張性があるので、Moffが対応してくれれば買う気も増すのだがー。いつか何かしら購入したりなんかしたら報告したいデス。

nasneはすげえ

学校でするテレビの話が羨ましくて、とんねるずとか見たいのに早寝だったあの頃。親がわりとテレビを独占している家で、あまり好きな番組を見た覚えはない。別にテレビ見るなと怒られたことはないのだけれど。

まあそういった経緯もあり、高校から大学、さらに社会人になっても、テレビをほぼ見ない習慣がついていた。大学の頃には、インターネットの台頭でテレビどころじゃなかった。テレビは嫌いではないのだが、終わりなくダラダラと拘束される部分が、好きになれなかった。

嫌いではない―――は、むしろ好きなんだと思う。プレイステーション4はもちろん、3もないのに、何を思ったかnasneを買うことにした。mobile torneという、スマートフォンがテレビになってしまうような、とんでもねえアプリが出た。PSVITAにもtorneはあるので、VITAでも見られる。どんなごたくを並べても単純に物欲に負けただけなんだが、これにより生活スタイルが一変する。

とりあえず録ってから考えるスタイルだ。

アニメとバラエティに絞って録画を始めた。それでも確認するだけでも時間はかかるし、意外と切るに切れない番組ってのもある。見ない日がほとんどだったテレビを、毎日2時間くらい見るようになった。

時間が足りなくなった。

その悩みを解決する方法がnasneにはあった。早見再生である。例えば30分番組であれば、CM飛ばしつつ速度上げると、10分くらいで消化できてしまうのである。初めは1.4倍から始めた早見も、今や1.8倍が丁度いいと思っている。スピードを2倍にすると、少々言葉が聞き取り辛くなってくる。なお早見再生はiPhoneだとできない模様。

早見再生の欠点は、音楽を普通のスピードで聞いたときに、別の曲に感じるくらい遅く聞こえることではないだろうか。それ以外は最強なのでオススメ!テレビ見る癖つくけど!

Flashはもうない

Flashという旧世代の技術を未だに使って生きている。

ガラケー向けの仕事を受けているのが理由だ。いよいよガラケー版「ヤフオク!」など2016年でサービス終了となるようで、いつまで今のような仕事をしているかはわからなく、先行きは真っ暗闇だ。(でもそれほど心配はしていない)。

スマホとガラケー両方に向けたものを用意するには今でもFlashが一番便利だ。WEBではほんの数年前まで主役であったのだが、スティーブ・ジョブズ氏のFlash嫌いからiPhoneのサポートは一切なく、iPhoneが売れれば売れるほどにWEB広告からFlashのものは消えてゆき、ついには動画サービスの大手YouTubeが2015年1月にデフォルトプレイヤーをFlashからHTML5へと変更した。

Flashはデザイナーにとって夢のツールだった。プログラムができなくても、アニメーションを制作できるのだ。少しソースを噛ませてやれば動的な、インタラクティブなものもできた。どんどん増えていく様々な需要にも、Flashの汎用性は答えていった。だが高い汎用性はセキュリティに欠けていた。

もはやFlashは風前の灯火なのだ。

サブ的なツールとしてだが10年以上Flashを仕事に使ってきた。長い期間は思い入れができてしまうのだが、2016年にAdobe Flash Professional はAdobe Animate CC へと名称が変更されてしまった。もうFlashはないのだ。

いつまで使っているかわからないが、もうちょっと、ガラケー消えるくらいまでかな、Flashと付き合っていくつもりだ。